12月1日 養蜂家訪問@韮崎市

主婦起業・副業

ご無沙汰しています。
相変わらずのジェットコースターに乗った私ですが、
もうそろそろジェットコースターも手放して、
地に足つけて前進していこうと思っています。

来年の春からは
長野県富士見町という場所のホーリーバジル畑に
蜂箱を置かせてもらうことがとんとん拍子手で決まり、
清里で環境活動をされ養蜂もしている方
とコラボで年間で養蜂体験会の開催も決まりました。

また、最近師匠が新しいリトリートを考案中で、
これもまた新たな展開を迎えております。

もう今から盛りだくさん!ワクワクする!

で、今日はその自分の養蜂場を持つにあたって、
沢山の養蜂家さんのやり方を学びたい!
という希望が叶い、
お友だちの知り合いの養蜂家さんにご縁をいただきました。

場所はバーンと富士山の見える、
韮崎市と中央市と南アルプス市の境目のような川沿い。

向かうときからもう葡萄やら
柿やらリンゴやらの果樹園がたくさんあり、
素晴らしい環境です。

風が強くも、日差しが温かく、
たくさんのみつばちちゃんたちが
元気にお出迎えしてくれて、
それだけでももう本当に行ってよかった!
寒くて、スズメバチにやられっぱなしで、
もういついなくなってもおかしくないことたちを
しばらく相手にしていたので、
ぶんぶんしているだけでもう幸せ。

「あぁ、元気で何よりですね〜こんなに増えてるなんてすごいですね〜!」

と言ったら、

「放っておけば増えるんだよ、蜂なんて」

「!?!?!?!まじですか!?!?!?」
いきなり常識が覆された瞬間でした。

最初10年近く前に1箱買って、
最初の女王蜂にはチョーク病が
あったらしいのですが、
女王が交代してからはどんどん増え続け、
平均10箱。

今はほとんど一段でしたが、
沢山の箱が余裕を持っておかれていて、
しかもひまわりやらハーブやら
糸瓜やトマトやかぼちゃまで、
とにかく豊かな養蜂園でした。

「とにかくダニが増えちゃってね、それが大変」

「プロポリスは取らないようにしてるのよ、使ってない箱のプロポリスも取りに来るからそれだけ彼女らにとって必要なものだから」

スズメバチ対策は私と同じく網で
ひたすら取るということでした。
見せてもらった焼酎の瓶にはぎっしりとスズメバチが!

「ぎっしりですね〜」と言ったら
「ほら、焼酎はお金がかかるけど、いっぱいスズメバチを入れておけば少なくて済むじゃない?」

「大スズメも取るんですか!?」
(私は怖くて逃げちゃうやつ)

「そうだよー挨拶しに来るから、鼠取りシートが効くけどね。キイロスズメバチは挨拶とかしないから、取るしかないけどね」

養蜂家ハッピー

1,156 views

養蜂家 元公立高校英語教諭 太陽:蟹座 月:乙女座 みつばちが減っていると知り、いてもたってもいられなくなった、はちみつコレクター。 【みつばち通信お申し込...

プロフィール
  1. Rinko

    どんどん話が進んで、たくさんの経験と知識が増えていきますね!スズメバチが詰まった焼酎も何かの役に立つのですか??

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

関連記事一覧