奴隷は鎖を自慢する

マインド

「夫が非協力的だから、こんなに大変」
「母親だから、ちゃんとしなくちゃいけない」
「お金は大切だから、有益なことにしか使っちゃいけない」

かつて私は、鎖を自慢しまくっていた。

当時の私は、
夫の奴隷であり
良い母親という世間体の奴隷であり
お金の奴隷であった。
そして、
その鎖がいかに強力かを
”自慢”していた。

・・・お分かりのように、
当時の私に
そんなつもりは、全くない。

自分はとても大変で
不幸で
頑張っている

ただ、そのことを誰かに労って欲しかった
だけだ。
(これだけで十分病んでいるが( ̄∀ ̄))

”鎖を自慢している”
など、当時の私が聞いたら

私の大変さなんてあなたにはわからない
あなたは恵まれているから
そんな風に言えるのよ
ふんっ

と、聞く耳を持たなかったか、
全く意味がわからなかったと思う。

奴隷になりたい人など
いないはずなのに、
なぜ
そこに居続けるのだろうか。

行動を起こすとき
人は必ず、
そこにメリットを感じている。

では、
奴隷であることのメリットは、何か。

奴隷でいる限り、
あなたは、
自分で決断しなくて良い。

判断はいつも、あなたを縛る何者かがやってくれる。
そしてあなたは、間違えた判断に対しては、
何者かを非難すれば良い。
自分は可哀想な被害者でいられる。

他者を責めているとき、
できない理由を訴えているとき、

自分は鎖を自慢しているのではないだろうか

と、自分に問いかけたい。

mako

947 views

編集・校正・校閲担当 未来の編集長(ほぼほぼ当確) 心理占術鑑定士 元フリーアナウンサー (1男2女の母) 太陽:蠍座 月:牡牛座 思い通りにならない育児・...

プロフィール
  1. Rinko

    鎖に繋がれていることにすら気づいていないんですよね。。

    • makomako

      私の場合、繋がれてるというより、自ら繋がっていたんだと思います。
      そして、不幸だと騒ぐ自作自演。。。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

関連記事一覧