香港レポート『街市』2

ライフスタイル

撮ってきました街市
野外マーケットの肉屋さん!

今回は湾仔(Wan Chai)という
場所のマーケットです。

豚とチキンがメインで
牛は基本売ってません。

日本のスーパーのお肉コーナーも
ですが、
ライトが赤いので
本来の色が分からない(笑)

豚のレバーや巨大な豚足も
ぶら下がっています。

お客さんのおばちゃんが
お肉を直接ベタベタ触って
選んでる…(笑)

ちなみに、
お願いすれば
その場でひき肉にもしてくれます。

日本だと
”お金は汚いもの”だと習いますよね。

・・・お店のおじさん、
お肉を素手で触って切って、
お金を受け取ってお釣り渡して、
その手で
お肉を袋に入れて渡してくれます(笑)

あり得ないー!!

そして生きたニワトリ屋さん。

お店のおばちゃんがちょうど
ニワトリを逆さづりに。。

これでいい?と決めると、
番号札を渡してくれて、
裏で処理して
血を抜いて
羽を取って
袋に入れて用意しておいてくれます。
番号札と引き換えで渡してくれます。

ちなみに
よく鷄が売れる香港の行事や祝日前は
値段が爆上がりします(笑)
普段の値段の幅は、
1羽が$210-$280 3000円から4000円くらい。

間違いなく新鮮で、
おかしな薬剤は使用されないですし、
酸化も最小限。
頼めばぶつ切りにはしてくれます。
部位ごととかはないです。
もちろん骨つき。

でも、考えてみたら
全てで1羽なんですから
手羽先だけとか、
胸肉だけとかおかしな話ですものね…。
一物全体です。

我が家では
丸鶏でスープを取り、
瓶に移して保存しています。
粉のガラスープとか使わないので、
鶏がらスープとして
毎日のお料理に使用しています。
油を使わずにこの鶏スープで炒めると
シンプルに塩だけで十分美味しいです。。

香港の人は
スープ取った鶏は食べないらしいです!
もったいない!
我が家は親子丼にしたりして全ていただきます。

丸鷄のオーブングリルもよくやりますよ。

次の香港レポートもお楽しみに♪

発酵ホメオパスRinko

2,831 views

ホメオパス 香港在住 太陽:射手座 月:双子座 自分らしく、あるがままに生きられない…”寂しさ・虚しさ” を感じていた20代、海外とは無縁と思っていたのにな...

プロフィール
  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

関連記事一覧